海原会について

お知らせ

2015年07月28日

第43回 静岡空襲日米合同慰霊祭が開催されました。

海原会理事 菅野寛也 氏が主催する「静岡空襲日米合同慰霊祭」が、開催されました。

菅野理事は、1945年6月20日に静岡市民等約2,000人が犠牲となった「静岡空襲」の日米合同慰霊祭を僧侶の伊藤福松さんと共に私費を投じて1972年から開催され、今年で43回目を迎えました。

 


 

 

平成27年6月20日(日)

第43回 静岡空襲日米合同慰霊祭を、静岡浅間神社山頂にて挙行した。

日米両国の関係者、200名以上が参列した。

日本側は、ご遺族・仏教界の方々や、自衛隊そして高齢の為少なくはなったが、海原会の方々

米国側は、横田の米空軍、真珠湾からギャリ―大佐(ヘイズ提督代理)、米空軍儀仗隊、音楽隊等

(約50名) が参加 ケネディー米大使もメッセージを寄せられ厳粛理に式典が挙行された。

式典の最後には、B-29搭乗員遺品の水筒による献酒が行われ、日米鎮魂ラッパの吹奏で式典の幕

を閉じた。

式典に引き続く懇親会には、式典会場まで登頂できなかった海原会の方々も参加され、例年通り、

意義ある会合となり、国際親善がまた一歩進められたものと確信している。

 

平成27年7月

海原会理事

菅 野  寛 也

挨拶003献花001儀仗隊002

 

ページトップへ