海原会について

お知らせ

2015年08月29日

海原会 永久会員制度の改廃について

海原会の永久会員とは、海原会創立当初運営資金窮乏の時期に、一時金として六万円を納入された同窓会員に感謝の意味で永久会員として年会費を免除し、現在に至っている制度で現在約百名が登録されています。

機関紙の発送は続行しておりますが、制度発足から既に四~五十年を経過しており、会費納入状況によりその消息を知るしか方法がないために、現状では永久会員の皆さんの消息を正確に把握することは難しくなっております。

勿論先人の功は高く評価しなければなりませんが、この機会に実情を調査して、生存会員、並びにご遺族で希望される方は、同窓会員あるいは一般会員となっていただき、年会費を納めて頂くよう理事会で決議致しました。

この度、永久会員制度改廃を実施するにあたり、該当者の皆様に同窓会員あるいは一般会員に移行して頂くための意思確認の調査を行うこととしました。どうか海原会の現状をご理解の上、海原会会員として引き続き協力いただけますよう、お願いいたします。後日、案内書、振込用紙をお送りしますのでよろしくご協力下さい。

 

公益財団法人 海原会

理事長  堺  周一

ページトップへ