海原会について

お知らせ

2016年04月05日

海上自衛隊航空学生入隊式に副理事長が参列しました。

4月3日(日)に海上自衛隊小月教育航空群(山口県下関市)で挙行された、第68期航空学生の入隊式に理事長の代理として酒井副理事長が参列しました。今年度、航空学生に任命されたのは83名(うち6名は女性)で、七つ釦の制服姿が凛々しく爽やかな若人たちでした。

そして、この海上自衛隊航空学生こそが旧海軍飛行予科練習生制度を継承し、不撓不屈の豫科練魂を海上自衛隊航空に引き継ぐ若者たちに他なりません。

6年後には、操縦技術のみならず熱い心を持った日本領海の空を守る防人として、全員が晴れてウイング徽章を胸に海上自衛隊の航空機搭乗員として全国各地へ巣立ってくれることを期待しています。

当日は天候に恵まれ、入隊式、観閲式そして展示飛行(教官による練習機の曲技飛行)が海上幕僚長の臨席のもと盛大に執り行われました。参列された海上自衛隊航空に携わる各司令官が彼らに寄せる、熱い期待を肌で感じながら、大変有意義な時間を過ごさせて頂きました。

私ども海原会に、このような貴重な機会を作っていただいた下総教育航空集団司令官 池海将及び小月教育航空群司令 春花1海佐に心から感謝申し上げます。

 

入隊式             入隊式学生 学生 フラグパレード 懇親会

(掲載写真の一部は小月基地ホームページから転用しました。)

ページトップへ