海原会について

お知らせ

2015年12月14日

海上自衛隊教育航空集団隷下部隊長雄翔館を見学

12月11日(金)に小月教育航空群司令他、海上自衛隊教育航空集団隷下部隊長等9名が、豫科練平和記念館と雄翔館を見学されました。

これは現在、海上自衛隊で進められている「海軍の伝統を継承」するための一連の研修であり、教育航空集団司令官の肝いりで実現しました。

未来の海上自衛隊航空機搭乗員を目指して教育入隊をされる操縦学生の皆さんにも、是非、豫科練平和記念館・雄翔館見学の機会を付与していただき、今から70年前に皆さんと同じ使命を持って国に殉じた豫科練戦没者の心に接してみていただければと思います。

帰り際に、ある指揮官が言われた「陸上自衛隊の皆さんに、海上自衛隊に代わって予科練に関する遺品や遺書等を保管していただき、また慰霊も行っていただいている事に感謝します。」という言葉に、胸が熱くなりました。

きっと、豫科練戦没者の皆さんもこんな日がいつか訪れることを心待ちにしていたことだろうと思います。

(理事)

 

 

ページトップへ