海原会について

お知らせ

2015年11月18日

海上自衛隊教育航空集団司令官 予科練平和記念館・雄翔館を見学

11月18日(水)、海上自衛隊教育航空集団司令官の池太郎海将が、予科練平和記念館と雄翔館を見学されました。

今、海上自衛隊では海軍伝統の継承について検討がなされている中、海軍飛行予科練習生の教育制度を継承する海自航空学生の教育を統括されている池司令官は、「海上自衛隊の航空機搭乗員に必要な資質は、海という大自然が作り出す千変万化する多様な状況に柔軟に対応するための動作や躾であり、それがシーマンシップであり、海軍航空の本質だ」との信念に基づき、今回予科練生の教育制度と予科練精神の勉強のために両館を見学されることとなりました。

入館戸張さんと雄翔館内

 

 

ページトップへ