海原会について

お知らせ

2016年10月29日

海上自衛隊下総航空基地開設57周年記念行事に参加しました。

海上自衛隊下総航空基地開設57周年記念行事が10月28日及び29日の両日開催され、海原会から酒井副理事長以下5名の会員が参加しました。

28日は小雨降る生憎の天気でしたが、ハート柏迎賓館において前夜祭が開催されました。

主催者である寺尾教育航空群司令の挨拶に引き続き、27日に薨去された三笠宮崇仁親王殿下に出席者全員で献杯の後それぞれに意見交換を行いました。会の終盤には、群司令の姪 シンガーソングライターの成底ゆう子さんの澄んだ歌声が披露され和やかに楽しい時間を過ごすことができました。

 

翌29日は、天気一転秋晴れの元、下総航空基地で式典が開催されました。

来賓として出席されていた、下総教育航空集団司令官の渡邊海将からは、「海軍航空の時代から変わらない、良き伝統についてはその精神を競い、国を舞台に活動する者としてシーマンシップを受け継ぐことも、我々海上自衛隊航空部隊が我が国の海上防衛のために負うという意味と価値、そしてそれを担っているという誇りを持ってこれからも”ゆき足”を持って勤務に邁進して欲しいと思います。」と激励の言葉が寄せられました。

式典の最後には、今年度の自衛隊記念日に海上自衛隊を代表して参加した、術科学校の学生の皆さんが一糸乱れぬ徒歩行進を披露して式典を締めくくりました。

DSC_0088

下総航空基地開設57周年記念行事意見交換会

DSC_0085

挨拶をされる群司令

DSC_0090

群司令を囲み副理事長

DSC_0093

成底ゆう子さん

DSC_0099

成底ゆう子さんを囲んで

DSC_0105

P3Cの観閲飛行

DSC_0113

術科学生の徒歩行進(自衛艦旗)

DSC_0117

術科学生徒歩行進

DSC_0121

海原会脇田会員と行方参与

DSC_0132

武器教導隊最先任上級曹長とともに

ページトップへ