海原会について

お知らせ

2017年01月25日

土浦海軍航空隊士官宿舎解体安全祈願祭開催

陸上自衛隊武器学校内にある、旧士官宿舎(昭和10年建設)が72年の時を経てこの度解体されることになりました。解体に先立ち、平成29年1月24日に士官宿舎前に設置された解体工事安全祈願祭会場において開催されました。

DSC_1042

由来が記された銘板

DSC_1066

旧士官宿舎玄関

DSC_1054

階段部分は当時のまま

DSC_1053

一階廊下部分

 

安全祈願祭には、武器学校長を始め学校の主要幹部の皆様、施工主である北関東防衛局の担当者及び施工業者の皆様が参加、海原会からも酒井副理事長を始め助村事務局長、徳永理事、平野理事、行方参与の4名が招待され参加しました。

DSC_1049

玉串を奉奠する酒井副理事長

DSC_1059

海原会からの参加者

DSC_1062

二階部分の見納めにと階段を上る参加者

 

大杉神社神主の「日本を守る為に、若者達が学んだ建物がいよいよその役割を終え、新しい建物へと代わって行きます。本日は、そんな皆さんに感謝の想いを込めて、ひと部屋毎にお祓いをさせて頂きました。」という言葉に感極まるものがありました。

 

DSC_1037

二階廊下を歩く神主様

DSC_1041

全ての部屋を一つずつお祓いする神主様

 

また一つ、予科練生達がここに生きた証が消えていこうとしています。

思い出の建物はたとえ消え去っても、彼らの国を思う心は決して消し去ってはならないと思いを新たにしました。

 

これで、土浦海軍航空隊当時の建物は駐屯地正門右手の旧医務室の建物だけとなりました。

 

ページトップへ