海原会について

お知らせ

2017年12月27日

予科練戦没者遺書等蒐集のお願い

1 蒐集の趣旨

  戦後70年が過ぎ、ややもすれば、予科練戦没者の遺書等は過去のものとなり、今との繋がりが希薄になって来て

  いるように思われます。しかし、これらの遺書等は、70年前の現実であり、そして現在もご遺族の皆様が戦没者

  に対する深い思いをもって生きていらっしゃる現実があります。

  海原会では、遺書などを過去のものとせず、今に繋がっていることを雄翔館来館者に実感してもらうため、このた

  び戦没者の遺書等の蒐集を行うとともに、ご遺族の皆様に戦没された親族に対する思い(原稿用紙2~3枚程度、

  短くても構いません。)などを文章にして戴き、雄翔館での展示を計画しております。

  なお、遺書だけでも構いませんが、戦没者の人柄や経歴、エピソード等お知らせ頂ければ、「解説」として使用さ

  せていただきますので、海原会へお送り頂ければ幸いです。

2 遺 影

  ◆ 遺影の裏に戦没者の期別、出身県、氏名を記入してください。

    (鉛筆書きでご記入ください。期別が不明の場合は不要です。)

  ◆ 複数の人が写っている場合には、どの方が本人か判るように説明や印を付けてください。

  ◆ 可能であれば、何時頃、何処で撮影された写真なのか説明をつけてください。

3 遺書・遺稿

  ◆ 何時頃、誰宛てに出された書簡等なのか、また、遺書・遺稿に関する説明を付けてください。この説明は、雄

    翔館での展示の際に「解説」として使用いたします。

4 遺品

  ◆ 遺髪、遺爪等は、受け取りかねますので、ご了承ください。

  ◆ 制服等衣類は、穴が開いたり、痛みのひどいものはお預かりできませんのでご了承ください。判断できない場

    合には海原会にご相談ください。

5 送付要領

  ◆ 宛先

    〒140-0013  東京都品川区南大井6-16-12 大森コーポビアネーズ403号

     公益財団法人 海原会

  ◆ 寄贈された遺書等の所有権

    公益財団法人海原会の所有となります。

  ◆ 郵送料の負担

    海原会に事前にご相談ください。

 

収納状況 収納容器収納状況2 収納棚

海原会では、皆様に寄贈頂いた貴重な遺品・遺書などは、専用の所蔵庫に専門家のアドバイスを頂きながら

細心の注意を払って保管管理しております。

 

ページトップへ